マジェスティックファンタジアン

HOME > テイルズオブシンフォニア > スキットテキスト200〜299

テイルズオブシンフォニアスキットテキスト

200〜299

  • 色分けはキャラクターが変わるごとにしています。
200:俺様も似てる
ジーニアス「ゼロスは・・・ハーフエルフが嫌いなんだろ
ゼロス「好きじゃねぇなぁ
ジーニアス「じゃあなんで、ボクらの旅についてくるのさ
ゼロス「・・・ま、俺さまも、似たようなモンだし
ジーニアス「どういうこと?
ゼロス「望まれて生まれた命じゃないからな。お互いさまってことさ
ジーニアス「???
201:心をなくした少女
コレット「あなたがプレセア?
プレセア「・・・・・・
コレット「・・・何だか、ちょっと前までの私を見てるみたい・・・
202:エレカー
ロイド「エレカーかぁ! 早く乗りてー!
ゼロス「ロイドくんは呑気だねぇ
リフィル「まったくだわ
元々地上を走る乗り物で海を渡るなんて無謀よ
ジーニアス「そう? たらいよりずっと安全そうだけど
ゼロス「たらい〜? おいおいおい
シルヴァラントじゃたらいで海を渡るのか?
リフィル「・・・ああ。たらいのことを思い出したら
気分が悪くなってきたわ
203:足になる棒
ゼロス「よー、よー、ロイドくんよ〜。そろそろ宿に入ろうぜ。
こちとら歩きっぱなしで棒が足になっちまったつーの
しいな「棒が足になったんなら一本増えてよかったじゃない
コレット「足になる棒なんて気持ち悪いです
ジーニアス「そーかな。僕は見てみたいな
ゼロス「おいおい・・・
プレセア「そもそも足になる棒なんてありません
ゼロス「みなさん、俺さまの主張聞いてる?
リフィル「『足になる棒』? それはどこの遺跡で発掘されたのだ?
ゼロス「あらら・・・リフィルさままで
ロイド、こいつらどうにかしてくれよ
ロイド「みんな盛り上がってるね。
そんじゃ、この調子で元気出していこー!
ゼロス「おーっ!! ・・・あり?
204:ゼロスの観察力
ロイド「またスペクタクルズを使って女の子の観察か?
ゼロス「ひゃっひゃっひゃっ!
そんなことしなくても、最近一目見ただけでわかるのよ
おっ、ナイスボデーな娘が目の前を通過
ロイド「はいはい。一生やってろ
ゼロス「ロイドくん、甘いもん食いすぎじゃねぇのかぁ?
下っ腹が出てきたぞ
ロイド「いっ!? どうしてそれを?
205:かわいいリボン
コレット「あっ、可愛いリボン♪ プレセアっておしゃれだねぇ
プレセア「・・・これは・・・自分の身を守るための道具です・・・
コレット「でも、とっても似合ってるよ
プレセア「・・・似合っている・・・
そんなの・・・意味のないこと・・・
コレット「そうかなぁ
206:二人の神子
ゼロス「コレットちゃんは、嫌じゃねぇのか
コレット「何が?
ゼロス「何がって・・・その・・・
自分が神子だってことがだよ
自分の人生だぜ? 自分で好きに生きたいとは思わないか?
コレット「私、自由に生きてるよ。だって私が犠牲にならない方法を
みんなが探してくれてるもの
ゼロス「・・・でも・・・もしもその方法がなかったら
コレット「・・・その時はその時だよ。それに・・・
たとえ私の体は奪われても、心は自由だから
だから私の心が望むまま、世界が幸せになったらいいな
ゼロス「すげーな、コレットちゃんは。
俺さまにはとても真似できねぇ
コレット「・・・ううん。
私、口ばっかりなの。本当にそうなったら
・・・きっとだめなんだろうな
エヘヘ、だらしない神子だね
ゼロス「・・・いや、ホントにすげーよ。
それに比べて・・・俺は・・・
207:黄金の国・ミズホ
ジーニアス「ミズホってどんなところなのかな?
ゼロス「聞いた話によると、建物はみんな金でできてるんだと
コレット「うわぁ、まぶしくて大変だねぇ
ゼロス「だよなぁ。んで男はサムライ
女はゲイシャって呼ばれるんだってさ
ロイド「じゃあしいなも、ゲイシャだ!
コレット「私も先生もゲイシャですね〜
ゼロス「いやいや、たしか成人してない女の子は
マイコって言われるんだぜ
コレット「そっか。じゃあ私はマイコだね
ロイド「オレとジーニアスはサムライなんだな。
なんかおもしれーの!
208:神秘の国・ミズホ
コレット「ねぇねぇ。しいなの里では
私のことマイコって言うんだよね?
しいな「・・・は?
ロイド「しいなは、ゲイシャなんだよな?
しいな「・・・あのさぁ、それ誰からきいたんだい?
ロイド「ゼロスだよ
コレット「ミズホの人たちは、霞を食べてるんだって?
ロイド「靴のことは下駄って呼ぶんだろ?
ジーニアス「靴を投げてひっくり返り方で
その年が豊作かどうか調べるんだってね?
コレット「みんなジンジャーってところで暮らしてるんでしょ?
ロイド「ジンジャーってやっぱりしょうがでできてるのか?
ジーニアス「ちがうよ。建物は金と銀でできてるんだろ
しいな「・・・あのアホ神子が!
209:ミズホの民
ロイド「ミズホの民っていったいどういう連中なんだ?
しいな「主に裏家業を生業としている・・・あたしの・・・家族さ
ロイド「そっか、しいなも元々は
コレットを殺すのが目的だったもんな
しいな「・・・で、でも、もうそんなこと考えてないよ!
里のみんなもいい奴さ
ロイド「わかってるよ、俺たちの仲間だろ?
しいなの仲間は俺たちの仲間さ
しいな「・・・うん。ありがとう
210:伝説の迷路攻略法
ロイド「なんか同じような景色だなぁ。
コレット、さっきもここ来なかったっけ?
コレット「そうかなぁ〜・・・迷子になっちゃった?
ロイド「そんなことないと思うけど・・・
ゼロス「ふっふっふ。こういったところで道に迷ったときには
あの伝説の攻略法だよ! ロイドくん!
ロイド「伝説の攻略法?
ゼロス「深い迷宮に挑むときの基本であり、伝統のある方法!
それが右手法だよ! ロイドくん!
コレット「右手法、ですか?
ゼロス「そう! こうやって右手を壁に伝えて歩いていけば
必ず攻略できるのだ!
そうなっているのだよ! コレットくん!
ジーニアス「でも、それって入ったときからずっとやっておかないと
意味ないんじゃない?
ゼロス「そこに気付くとは、やるな! ジーニアスくん!
プレセア「・・・
早く・・・帰りたい・・・
211:迷いの森攻略法決定版
しいな「なかなか抜けられないねぇ・・・この森・・・
プレセア、あんた、どうやってメルトキオに行ったんだい?
道わからないのかい?
プレセア「・・・船
しいな「ふ、船ぇ?
プレセア「オゼットの北から・・・
しいな「な、何でいわなかったんだよ!
プレセア「・・・聞かれなかったから
しいな「はぁ・・・そうだね。その通りだよ
212:手枷の理由
ロイド「なあ、リーガル。
あんたなんでそんな手枷をつけてるんだ?
リーガル「・・・これは我が罪の象徴
ロイド「・・・・手枷が象徴する罪
リーガル「・・・・・・
ロイド「わかった! 手枷泥棒だな!
リーガル「・・・・・・
ロイド「・・・あれ? ちがってた? じゃあ・・・
周りの人に手枷をつけて回って、迷惑をかけたとか
リーガル「・・・すまない。もう少し
わかりやすく話してやればよかったな
213:異世界の神子
コレット「あの・・・転んだりしませんか?
リーガル「心配には及ばぬ
コレット「そうですか。私、しょっちゅう転ぶんです。
だから、リーガルさんもそうだと大変だなって思って
リーガル「あなたは異世界の神子と聞いたが?
コレット「はい。・・・あんまり神子っぽくないんですけど
リーガル「いや・・・よい神子を持って、あなたの世界は幸せだ
・・・いや、衰退している世界に
この言い方は失礼だったかも知れないが
コレット「いいえ。でも私は・・・世界を救えなかった神子です
今も、世界より自分の命を
惜しんでいる神子です。だから・・・
リーガル「命の尊さを知る神子なら、いずれ新たな救いと
再生をもたらすことができるだろう
コレット「そうでしょうか。そうならいいんですけど・・・
214:小さなナイト
リーガル「プレセア・・・と言ったか?
おまえの家族のことなのだが・・・
プレセア「・・・・・・
ジーニアス「お、おまえ! プレセアに近づくな!
リーガル「これは失礼。小さなナイトと言う訳か・・・
ジーニアス「バ、バカにするなよ! ボクには魔法があるんだからな!
プレセア「ジーニアス
ジーニアス「な、何? プレセアのことはボクが守るから!
プレセア「彼に・・・敵意無し。交戦の必要なし
ジーニアス「え・・・。うん・・・
プレセア「また私はあなたに守られることはありません
ジーニアス「・・・・・うん
215:ミズホ情報網
ジーニアス「レアバード、うまく見つかるといいね
しいな「ミズホの情報網は伊達じゃないよ!
きっと見つけ出してくれるはずサ
ゼロス「ミズホの情報網はマジすごいらしいぜ。
テセアラ中の財宝の在り処を知ってるって話じゃねぇか
しいな「そうさ、あたしたちが本気を出せば
調べられないことなんてありゃしないよ
ジーニアス「そっか、たよりになりそうだね
ゼロス「あーあ。テセアラ中の女の子のスリーサイズ
調べてくんねーかな
しいな「アホ神子!
ゼロス「(のわっ!)
216:手枷ははずさない
しいな「前から気になってたんだけどさ
その手にはめてるやつ、あたしがはずしてやろうか?
リーガル「その必要はない
しいな「でも、それじゃなにかと不便だろ
リーガル「別段、不便と感じたことはない
しいな「遠慮しないで。あたし錠前はじしは得意なんだからさ
リーガル「必要ないといっているんだ
しいな「はは〜ん。照れてるのかい? いいから見せてごらん
リーガル「くどい!
しいな「あっ・・・なんだい! 人が親切でいってるのに
もう頼まれたってはずしてやらないよ
217:自動人形タバサ
プレセア「タバサさんって、人間ではないんですよね
ジーニアス「アルテスタが作った自動人形なんだって
プレセア「人形・・・私と同じですね
ロイド「プレセアは人間だろ
プレセア「心を失っていた私は・・・ただ動いているだけの人形でした
リーガル「心とは・・・なんだろうか?
ロイド「心は・・・心だよ
ジーニアス「うん。うれしいとか悲しいとか・・・
リーガル「でもタバサには、心があるように見える。ちがうか?
プレセア「はい・・・
リーガル「そしてプレセアにも心はある。
エクスフィアに支配されていたとしても
心が表に出てこなかっただけで
内側では傷つき、悲しみ、喜んでいたはずだ
プレセア「・・・そうかも・・・しれません
ジーニアス「じゃあタバサはなんなんだろう。
人形でも人間でもないなんて、まるでハーフエルフみたいだ
ロイド「簡単だよ。タバサはタバサだ。それだけだろ
ジーニアス「そうだね
プレセア「・・・その通りかも知れません。
私は・・・私でしかないですから
218:ダイクとアルテスタ
ジーニアス「ダイクおじさんとアルテスタさんって
どっちがいい職人なのかなぁ?
ロイド「知るかよ、そんなこと
ジーニアス「ボクが見たところ、技術的には
アルテスタさんの方が上だと思うな
ロイド「職人に大事なのは技術じゃなくて心だ。
親父だったら、困ってる人を放っておくもんか
ジーニアス「フフ、ムキになってる。やっぱり親子だねぇ
219:親父、元気かなあ
ジーニアス「テセアラでもドワーフって珍しいの?
しいな「あたしが知ってるのはアルテスタだけだよ
ジーニアス「じゃあ独りぼっちなの? きっと淋しいだろうね
ロイド「・・・・・・
ジーニアス「あれ、どうしたの
ロイド「い、いや、親父のヤツ、どうしてるかなって思ってさ
ジーニアス「あはは、ロイドがホームシックになってる
ロイド「ち、ちがうぞ!!
220:あんたも、ボクも・・・
ジーニアス「・・・あんたは・・・人を殺したんだ・・・
リーガル「・・・その通りだ
ジーニアス「・・・・・・
リーガル「・・・すまないな。罪人と旅をするのはつらかろう
しばし我慢して欲しい。
プレセアをエクスフィアの呪縛から解き放つまでは
ジーニアス「・・・ボクは・・・ボクも人殺しだ
リーガル「・・・? どうしたのだ?
ジーニアス「身を守るために・・・沢山の人を傷つけてきた
リーガル「・・・・・・
ジーニアス「あんたがやったことがどんなことかは知らないけど・・・
でもあんたが人殺しだから、ここから出て行けとは言わないよ
リーガル「・・・そうか
ジーニアス「みんな同じだから
リーガル「すまないな
ジーニアス「でも! ボクはあんたのこと好きじゃないからね!
リーガル「そうか
221:洞窟坑道飽きちゃった
ロイド「なんか、仕方ないとはいえ洞窟とか、坑道とか多いよなぁ
コレット「どうしたの? ロイド
ロイド「ん〜? ああ・・・
ジーニアス「ロイド・・・飽きちゃったんでしょ
リーガル「飽きた、だと?
ロイド「そ、そんなことねぇよ。早く抑制鉱石を探さないとな
リーガル「当然だ。プレセアをはやく元にもどしてやらねば・・・
ロイド「わかってるよ・・・
222:ボンバーリング
ジーニアス「この爆弾、マナの塊でできてるんだね
リーガル「ああ、原理はわからないが、そういうことらしい
ジーニアス「いいなー、ボクもこんな魔法が欲しいよ
ゼロス「お前のファイアボールじゃ
岩も壊せねーし、ボタンも押せねーもんな
ジーニアス「・・・でもね、あんたを黒こげにするくらいはできるよ?
ためしてみようか?
ゼロス「わ、バカやめろー!!
223:動きつづける機械たち
ロイド「なんで機械が動いているんだ?
リーガル「この鉱山はオートメーション化
されている。当然だ
ロイド「へえ、よくわからねーけど便利なんだな
リフィル「ああ 分解したい
ロイド「・・・ってのは放っといて、抑制鉱石はどこにあるんだ?
リーガル「抑制鉱石の坑道はこの先だ。そこにあるリフトに乗れば
連れていってくれるはずだ
224:古代採掘場
リフィル「この鉱山の機械は、ずいぶん頑丈なのね
リーガル「ここは元々古代の採掘場だ。
機械も、その当時のものを使っている
リフィル「なんだと!! 古代の遺産を保存するどころか
浪費しているというのか!
リーガル「ま、まあそのようなものだが
リフィル「冒涜だ! こんなことが許されるわけがない!
責任者を出せ、責任者を!
リーガル「す、すまん
225:子供扱いはやだ!
プレセア「・・・ジーニアス。シャツが出ています
ジーニアス「えっ、ど・・・どこ?
プレセア「私が・・・直します
ジーニアス「あ、ありがとう
プレセア「・・・ジーニアスは・・・まだ子供なんですね
ジーニアス「えっ、こ、子供なんかじゃないよ! 僕だってもう大人だよ
プレセア「・・・そうですか。そうですね。ジーニアスは大人ですね
そういうことに・・・しておきます
ジーニアス「もー、また子供扱いした!
プレセアだってボクと変わらないのに
プレセア「そう・・・ですね
226:ボボボボプレプレプレ
ジーニアス「プ、プレセア
プレセア「どうしたんですか
ジーニアス「ボ、ボボボボボ・・・
こ、これプ、プレプレプレ・・・
プレセア「え?
ジーニアス「こ、これ!
プレセア「これを・・・私に?
ジーニアス「う、うん・・・
プレセア「・・・ありがとう!
さっそく使ってみても・・・いいですか?
ジーニアス「うん!
プレセア「すばらしいです・・・さっそく試し斬りしてきます
ゼロス「・・・おまえ、プレセアちゃんになにをプレゼントした?
ジーニアス「砥石
ゼロス「・・・バカだろ、おまえ
227:気になる面影
プレセア「リーガルさん、私の顔に・・・何かついてますか?
リーガル「いや・・・何もついてないが・・・
プレセア「・・・でもさっきから私のこと・・・見てます
リーガル「あ、いや何でもない。すまなかった
228:わずかな希望
ロイド「くそ、ロディルの奴、コレットをどうするつもりなんだ
リフィル「クラトスの言葉を信じるなら、コレットはデリス・カーラーンに
連れて行かれたわけではないはずよ。まだ希望はあるわ
しいな「そうさ。コレットがマーテルになっちまったら
あたしたちにはどうにもならないけど
今ならまだ、ロディルから取り戻せばいいだけなんだから
ロイド「どうしてコレットばっかりこんな目に遭うんだ。
くそっ、神子なんてくそくらえだ!
229:コレットの秘密
リフィル「どうも気になるわね
ゼロス「何がだ? クルシスの連中の
悪巧みにでも気付いたとか?
リフィル「彼らはこの間から、神子は使い物にならないと
そればかり口にしている
コレットはマーテルの器になる素養があるはずなのに
どういうことなのかしら
ロイド「・・・言われてみればそうだな。
ゼロスが使い物にならないっていうならわかるけど
ゼロス「うーん確かにその通りだな
・・・って、おい! いうにこと欠いて、なんつーことを!
リフィル「もう、ちゃかさないでちょうだい。ことによるとコレットは
まだ何か隠しているのかも知れなくてよ
ロイド「・・・そうだな
230:プレセアの願い札
しいな「・・・プレセア。元気だしなよ
プレセア「・・・私のことは気にしないでください。
私より・・・コレットさんが・・・
しいな「大丈夫。あいつは強運の持ち主だから
絶対に無事さ。保証するよ
ロイド「しいなの言う通りだよ。
プレセアが落ち込んでると、コレットがきっと心配するぜ
プレセア「・・・でも私のせいです
私・・・コレットさんを助け出すまで
・・・自分を許せそうにありません
しいな「・・・じゃあ、願い札を作ったらどうだい?
プレセア「願い札・・・?
しいな「ミズホでは、木の札に願いごとを書いて、神さまに捧げるのさ
ミズホの神はクルシスの神とはちがう。
どうだい? 願いをかけてみるかい?
プレセア「・・・やってみます
ロイド「俺も手伝うよ。細かい仕事は得意だから
231:願い札を神木で
ジーニアス「プレセア、具合が悪そうだよ
プレセア「・・・あ・・・いえ・・・。
何でもないんです。何でも・・・
ゼロス「なんでもないってことはないでしょーよ
プレセア「いえ、ただ・・神木で・・・願い札を作ろうと思って・・・
ゼロス「神木を採ってきたのか!?
神木は毒の沼地にしか生えてないだろ!?
プレセア「・・・神木は・・・神聖な木ですから・・・
その方が効果があると思ったんです
ジーニアス「・・・無理しちゃだめだよ。
プレセアが倒れたらコレットが悲しむんだから
ゼロス「・・・健気だね、プレセアちゃんは
232:願い事がかなったら
ロイド「プレセア! ほら、願い札ができたよ
プレセア「・・・すごいです。天使の絵が彫ってあります
ロイド「せっかくプレセアが神木を採ってきてくれたんだ
俺もコレットがもどってくるようにって
願いを込めながら彫ったよ。おかげで三日間貫徹だぜ
しいな「いいできだね。さあ、これに願いごとを書いとくれ
プレセア「はい
ロイド「うん。コレットが無事にもどりますように・・・。
これで完成だな
しいな「願いごとが叶ったら、これを割って川に流すんだ。
それまで大切に持ってるんだよ
ロイド「・・・え・・・割るのか、これ
しいな「そうだよ。それが願い札の使い方なんだから
ロイド「それを早く言ってくれよ・・・。
せっかく・・・一生懸命彫ったのに・・・
233:ヴォルトとの契約
リフィル「ヴォルトか・・・やっかいだわ
プレセア「・・・どういうことですか
リフィル「書物によれば、ヴォルトの言葉はかなり特殊で
人間には判読不能らしいのよ
リーガル「すると契約という儀式が
うまくいかないのではないか
リフィル「ええ・・・。私が訳せる言葉ならいいのだけれど
234:美しい信頼関係
ジーニアス「しいな・・・大丈夫かなぁ
ロイド「・・・信じてやるんだ。
俺たちが信じないで、誰が信じてやるんだよ
ゼロス「美しい信頼関係だなぁ
ロイド「ちゃかすんじゃねぇ!
ゼロス「ちゃかしてねーよ。もしもだ
今から契約を結ぶのが俺さまの仕事だったりしたら
さすがのロイドくんも手放しじゃ信用できないだろ
ジーニアス「ホントだね
ゼロス「カキんちょは黙ってろっつーの
ま、そんな訳で、時間の積み重ねが生んだ
美しい信頼関係だなぁってさ
ロイド「しいなは仲間だ。当たり前だろ
・・・おまえだって一応仲間なんだし、信用してるぜ、俺
ゼロス「・・・ふーん
235:ハーフエルフに生まれて
リフィル「すごい量の遺跡だな。
一生かかっても研究しきれるかどうか・・・
・・・皮肉なものね
私の中の人間の血が知的好奇心を奮い立たせ
エルフの血がそれを満足させるだけの年月を供給する
これではまるでハーフエルフに
生まれてきて幸せだったと認めているみたい
そんなこと今まで一度も
思ったこともないのに・・・
236:落雷危険
ロイド「うわ! あぶね! こんなところ
長いこといたら、いつか黒こげになっちゃうぞ
リーガル「この建物自体が帯電しているのであろうか?
確かにいつ我々に雷が落ちてくるかわからん
ロイド「っつっても、まだ精霊と契約してないし・・・
リーガル「早くヴォルトに会わなくてはな
237:落ち込んでる人って難しい
ゼロス「さーて、いよいよレアバードとご対面だなぁ!
ジーニアス「・・・しいなが落ち込んでるときに
デリカシーがないなぁ!
ゼロス「なーに言ってんだよ。
過ぎたことをくよくよいってんじゃねーよ
プレセア「・・・そんな・・・言い方・・・
リーガル「しいなの悲しみは深くつらい・・・
ジーニアス「もう! ゼロスは少し黙っててよ
ゼロス「へいへい
・・・そんなふうに周りが
はれ物触るみたいにすると・・・
もっと落ち込むんだよ。ボケが
238:俗っぽい言葉
リーガル「レネゲードといったか?
奴ら、侮れぬ技術力を持っているようだな
ロイド「基地の施設とか、すごかったしな
リーガル「奴らがあれだけの技術を持っているのだ
おまえたちが敵に回しているクルシスも
それ以上の技術を持っているのだろう
ロイド「・・・ああ。気を引き締めないとな
リーガル「だが我々には奴らにないものがある
ロイド「え? なんだろう・・・?
ジーニアス「愛と勇気!
ロイド「こら! リーガルがそんな俗っぽいこと
考えてる訳ないだろ!
リーガル「・・・俗っぽい・・・か
239:笑顔の人
コレット「ありがとう、プレセア
プレセア「・・・何がですか?
コレット「私のこと助けてくれて
プレセア「・・・だって・・・私のせいでコレットさんが
さらわれてしまったんです。だから・・・
コレット「そんなことないよ。悪いのはロディルだよ。
プレセアは気にしちゃだめ。ね?
プレセア「・・・私・・・コレットさんみたいになりたい・・・
コレット「え?
プレセア「・・・笑って、何もかも許せる人に・・・なりたいです
240:ロイド、意外と未練がましい
しいな「さあ、コレットがもどってきたんだ。願い札を川に流すよ
ロイド「・・・やっぱり流すんだな
プレセア「願いの叶った札は、そのまま持っていると
よくないものを呼ぶそうです
ロイド「・・・分かったよ
プレセア「では・・・札を割ります
ロイド「あ、あ、あ・・・
しいな「よーしじゃあ、川に流すよ。
ウンディーネ! 札を川まで運んどくれ!
ロイド「ああああああ、俺のこん身の作品がぁ・・・!
しいな「・・・うるさいねぇ! あんたもいっしょに川に流すよ!
ロイド「・・・しいなの鬼・・・
241:助けてくれたお礼です
プレセア「・・・ジーニアス。これ・・・もらってください
ジーニアス「・・・え、これは?
プレセア「私を・・・助けてくれたお礼です
ジーニアス「う、嬉しいよ! あの、開けてもいい?
プレセア「はい・・・。それはあなたに渡した物ですから
ジーニアス「うわー、何が入ってるんだろう
プレセア「木彫りのクマ・・・
ジーニアス「・・・え?
プレセア「金運の・・・お守り・・・
ジーニアス「あ、いや、う、嬉しいよ・・・! ホ、ホントだよ!
だって、プレセアがボクに・・・
ボクのためだけにくれたプレゼントだもん
242:ボクらは一人じゃない
ジーニアス「元気ないね、プレセア
プレセア「・・・いえ。私はいつも通りです
ジーニアス「そうかな。だって・・・
ミトス「プレセア。ボクも・・・プレセアと同じだよ
プレセア「え?
ミトス「ボクも独りぼっちだよ。
きっとそんな人は、この世界に沢山いると思う
プレセア「はい・・・
ジーニアス「違うよ、二人とも! 二人には僕たちがいるでしょ
ボクはミトスも・・・プレセアも好きだし
二人が寂しかったら、側にいてあげたいよ
それじゃあだめなの?
ミトス「ジーニアス・・・。ううん、そんなことないよ。
そうだよね。ボクにはジーニアスたちがいるんだよね
プレセア「でも私は・・・。いいえ、そうですね。
仲間・・・でしたね。ありがとうジーニアス
243:時間は元にはもどらない
プレセア「私は・・・本当に・・・
時間に取り残されてしまったんだ・・・
私の時間は・・・誰が返してくれるの?
・・・戻りたい・・・
244:かわいくて強いリボン
コレット「そのリボン、似合ってるね
プレセア「似合ってる・・・?
コレット「うん、とっても可愛いよ
プレセア「それは・・・誉められているんでしょうか
コレット「もちろんだよ
プレセア「あ・・・ありがとう・・・
コレット「ねぇ? ジーニアスもそう思うでしょ?
ジーニアス「もちろんだよ! そのリボンなら
怪物の攻撃もへっちゃらだね
プレセア「・・・・・・
ジーニアス「あ、あれ・・・プレセア?
245:けん玉大会
ロイド「なぁ、ジーニアス、けん玉教えてくれよ
ジーニアス「えーっ、ロイドがけん玉ー?
まさかロイドもけん玉で闘うの?
ロイド「いや、そういう訳じゃないけど
なんか楽しそうだから・・・
ジーニアス「別にいいけど、ロイドには無理だよ、きっと
ロイド「なっ、バカにすなんなよ。
ドワーフ仕込みの器用さを見せてやるぜ
ホッ、ハッ、グッ・・・結構難しいんだな
ジーニアス「やっぱりね、ロイドには無理だと思ったよ
ゼロス「お? 何やってんだよ? おまえら
ロイド「けん玉だよ。結構むずかしくてさ
ゼロス「どれどれちょっとオレさまに貸してみな
ホッ、ハッ、ヌ、ヌヌヌ・・・。
ちきしょう、こんなハズじゃ・・・
しいな「あーあー、何やってんのサ。
ちょっとあたしに貸してごらん
ハッ、フッ、ム・・・お、おかしいね・・・
ジーニアス「なんだよ、みんな、口ほどにもないな〜
ロイド「な、なんだと! 貸して見ろ! うりゃあ! ・・・あ
リフィル「誰! 私の顔にけん玉を投げたのは!
ロイド&ジーニアス&ゼロス&しいな「逃げろー!
246:二人の関係
ジーニアス「リーガルとプレセアってどういう関係なんだろう?
ロイド「さぁな、でもリーガルはプレセアのこと
かなり気にかけてるみたいだったけど
ジーニアス「・・・プレセアのこと好きなのかな?
ロイド「まさかぁ、年の差がありすぎるよ。大人と子供だぜ?
ジーニアス「そ、そうだよね
ゼロス「それはわからねぇぞ
ジーニアス「ど、どういうことだよ
ゼロス「愛に年の差なんて関係ないだろ。
俺の知ってる伯爵夫人なんて三十歳も年下の男と再婚したぜ
ジーニアス「う、うぅぅ! プレセアは・・・わたさないから!
247:勇者ミトス
ロイド「ジーニアスのヤツ、ミトスと友達になったみたいだな
リフィル「あの子には同い年くらいの
友達がいなかったからよかったわ
それにしても、古代大戦の勇者の名前なんて
素敵な名前だと思わない?
ロイド「古代大戦の勇者ミトス・・・か。
確かにすごいよな。でもオレはミトスじゃない
だからミトスとは違うやり方になるけど
ミトスみたいに世界を救いたいよ
248:ミトスとノイシュ
ミトス「・・・この動物は、なんて名前なの?
ロイド「ノイシュって言うんだ
ノイシュ「・・・キュルルルル
ミトス「・・・ノイシュ。
この星に初めて誕生した命と同じ名前だね
ジーニアス「そうなの?
ミトス「そういうおとぎ話だよ。ノイシュはやがて
マナの導きで進化して、悪を狩る人になるんだって
ロイド「悪を狩る人・・・か。
おまえが人になったら、面白いだろうな
ノイシュ「クゥーン?
249:ノイシュは古い友達
ノイシュ「グルルル・・・
ミトス「怖がらないで。何もしないよ
ノイシュ「・・・クゥーン
ミトス「そう、いい子だね。お前は賢い子だものね
ノイシュ「ワォン
ミトス「・・・正直言うとね。ノイシュ。
ボクは疲れたんだ。・・・もう生きているのが嫌なんだ
ノイシュ「キューン
ミトス「ふふ、そんなこというモンじゃないって?
でもね。ボクは・・・間違っているのかも知れない
・・・そう思い始めてしまったボクは
・・・生きている意味がない気がするんだ
ノイシュ「ワゥゥゥ
ミトス「うん。ジーニアスも、リフィルさんも
ロイドも・・・いい人だよ。好きだよ
仲間にしてもらって嬉しいんだ。でも・・・
ノイシュ「クゥーンクゥーン
ミトス「・・・ごめん。今のは忘れて。ボクらしくなかったから
250:異界の扉
ミトス「リフィルさん・・・
異界の扉に何の用があるんだろう
ジーニアス「姉さんがボクに何も言わないで
いなくなっちゃうなんて・・・
ロイド「二人とも、そんな顔するな。先生のことだ
きっとその遺跡に興味があって
どうしても調べたかったんだよ
だから早く追いついて
一人で勝手なことをするなって言ってやろうぜ
ミトス「そうですね。急ぎましょう
ジーニアス「うん
251:リフィルの欲しいもの
ジーニアス「姉さん。プレセアのプレゼントのお返しを
考えてるんだけど、姉さんならどんな物が欲しい?
リフィル「そうねぇ・・・私なら・・・
幻の古代書。ネクロノミコンだわね
あなたも名前ぐらいは聞いたことがあるでしょ?
古の大戦中に深海に沈んだといわれて・・・
ジーニアス「はぁ・・・姉さんにきいたのが間違いだったよ
252:コレットの欲しいもの
ジーニアス「ねぇ、コレット。プレセアのプレゼントのお返しを
考えてるんだけど、コレットならどんなものが欲しい?
コレット「えっと・・・やっぱり世界平和かなぁ?
ジーニアス「あらら・・・またずいぶんとスケールが
大きくなっちゃったな
253:触れられたくない傷
ゼロス「なぁリーガル。ど〜してアルタミラに入らなかったんだ?
リーガル「あの街は・・・好きではないのだ
ゼロス「ほほ〜う。悲しい思い出があるからとか?
リーガル「・・・・・・神子
ゼロス「はいはい?
リーガル「神子もメルトキオが雪になると
旅業と称して南の街へ長期滞在なさるようだが?
ゼロス「・・・おーけーおーけー。
お互い、傷には触れるなってことだな
まあいいさ、俺さまは、あんたがあのリーガルなのか
どうか確認したかっただけだ
リーガル「知ってどうなさるつもりだったのか?
ゼロス「・・・色々、立ち回りってものがあってね。
悪かったな、詮索して
254:復習は終わった
ロイド「浮かない顔だな、二人とも
プレセア「・・・ロディルを倒しても・・・何ももどってはきません
アリシアもボータさんも
沢山の人の命も・・・私の時間も
リーガル「時は流れるだけだ。何があっても
ただ過去から未来に流れていくだけ
ただ流されるのか、自らの意思で歩くのか
それが重要なのだろう
プレセア「私は・・・自分の意思で、自分の足で
未来に向かって歩きたいです
これまでの私の時間は
ただ無為に流れていただけだから
リーガル「私も、ただ流される生き方を改めねばならぬ
死してなお、私を救おうと
してくれたアリシアのためにも
ロイド「そうさ。過去は変えられないけど、未来は変えられる。
俺も二人に協力するよ
リーガル「・・・すまない
プレセア「ありがとうございます
255:絶海牧場
ロイド「ここも複雑な構造だな・・・
リフィル「今までのどの牧場よりも複雑だわ。
ロディルはよっぽど用心深いのね
ロイド「ああ。仲間の五聖刃も、ユグドラシルすら
信用してないみたいだったからな
リフィル「長居をしていてはどんな手を打たれるか
わからないわ。急ぎましょう
ロイド「ああ
256:コリンの思い出
しいな「さあ、次はどの精霊と契約するんだい?
リフィル「あなた、ずいぶん積極的になったのね。
以前とは大違いだわ
しいな「・・・コリンのお陰だよ。
コリンがあたしに勇気をくれたんだ
リフィル「そうね、あの子は私たちにとっても大切な仲間で
頼りがいのある友で・・・
しいな「リフィル・・・
リフィル「・・・興味深い研究対象だったわ
しいな「あ、あんたってヤツは・・・
257:次期頭領の心得
コレット「しいな、格好いいね。何か、頭領って感じだねぇ
しいな「いや、そんな・・・。て、照れるじゃないか
リーガル「どうだ。次期頭領としての就任の挨拶を考えておいては
しいな「あぁっ、そうかい? じゃあ、考えてみるよ。
えっと・・・本日はお日柄もよく・・・
コレット「でも就任の日に雨が降っていたら、その挨拶、使えないね
ゼロス&リーガル「・・・・・・
ゼロス「このよき日に・・・とかでいいんじゃねーの?
コレット「このよき日に、頭領となった私は・・・
ゼロス「ここで、経営方針について上げておくべきだろう
経営・・・ねぇ。
まあ民を率いるのも経営みたいなもんか
コレット「一つ、罪を憎んで人を憎まず
リーガル「二つ、お客さまの笑顔は我が社の宝
ゼロス「三つ、三つもハゲがある
しいな「・・・もう、あんたたち、勝手に話を進めないどくれ!
258:くろのあ?
ジーニアス「すごかったよ、プレセアのクロノア!
プレセア「わふー
リーガル「我が社の手落ちを救ってくれて感謝している
プレセア「ルプルドゥ
ゼロス「いやー、アルタミラのアイドル
クロノアになっちゃうなんて、おもしろそうだよなぁ
プレセア「わふー
コレット「わふ〜わふ〜
プレセア「わふーわふーわふー
リーガル「・・・プレセア。アルタミラの外では
クロノアの格好でも、人の言葉を話していいのだぞ
プレセア「わふー・・・。そうだったんですか・・・
259:罰が当たったの?
ロイド「コレット、その・・・身体は大丈夫か?
コレット「うん。心配掛けてゴメンね
ロイド「そっか。ならいいんだ
コレット「これって・・・
ロイド「ん?
コレット「罰が当たったのかな?
わたしが世界の再生を途中でやめちゃったから
ロイド「そんなことあるもんか! コレットはたった一人で
あんな苦しみに耐えてきたんじゃないか!
それを罰することができる奴なんて、いるもんか
コレット「ありがとう、ロイド
260:俺のせいなのか?
ロイド「俺のせいなのかな
リフィル「コレットのこと?
ロイド「俺があんな要の紋を作らなけりゃ
コレットはこんなことには・・・
リフィル「・・・その代わり、コレットは心を失ったままだった
いえ、あなたが助けなければ
コレットはクルシスによって
マーテル復活の道具として殺されていたでしょうね
ロイド「それは、そうだけど・・・
リフィル「誰かが犠牲になるのはイヤだ。誰かが苦しむのはイヤだ
その考えは間違ってはいないわ
でもね、時々もどかしくなるの。腹立たしいほどに。
人はいつも一つの選択しかできないのよ
自分の選んだ真実に責任を持ちなさい
ロイド「・・・先生は、厳しすぎるよ
リフィル「厳しいことを言うのは、あなたがそれを
乗り越えてくれると信じているからよ
あなたは強いわ、ロイド
261:神子の病
リーガル「コレットの病は、他では名前すら聞かぬな
リフィル「そうね。ミトスの文献に少し出ているだけですもの
リーガル「世界再生を行った歴代の神子で
同じ病にかかったものはいないのだろうか
リフィル「途中で命を落とした神子の中には
あるいはいたのかもしれないわ
リーガル「神子ばかりが・・・つらい思いをする。
あの穢れなき少女を、救ってやりたいものだ
262:ヘイムダールへ
ジーニアス「ヘイムダールってどんなところ?
リフィル「住んでいたのは小さいときだったからよく覚えていないわ
でも美しい森に囲まれていたことだけは覚えているの
ジーニアス「ふーん、早く見てみたいな
ゼロス「・・・あんまり期待しない方がいいと思うけどねぇ
263:この国の行方
リーガル「教皇は、なにを企んでいたのだろうな?
ゼロス「さあね、自分が国王にかわって
この国を支配したがったんじゃねーの?
リーガル「愚かな・・・
ゼロス「ま、なにはともあれ邪魔者が消えて
俺さまものんびりできるってこと
ハーフエルフへの差別も
少しはましになるかもしれねーぜ
リーガル「それはどうかな。教皇が失脚したとて
人々の考えがそう簡単に代わるとは思えん
ゼロス「だーかーらー、この俺さまがいるんじゃねーの。
ハーフエルフのお友達の、このゼロスさまが
リーガル「この国、まだまだ揺れるな・・・
264:妹には嫌われてる?
ゼロス「あいかわらず、アイツには嫌われちまってるなー
ロイド「妹さんのことか?
案外お前のことを心配してんじゃないのか?
ゼロス「んなことあるかってーの。
あいつにとっちゃ、俺さまは邪魔者でしかないのさ
ロイド「あいつ、案外ニブイのな・・・
265:心無き天使たち
リフィル「ここの天使のほとんどは、やはり心を失っているようね
コレット「考えることもできず、長い年月を生きていく・・・
彼らはもう幸せを感じることもできない
・・・悲しすぎるよ
ロイド「コレットが天使になっちまわなくて、ホントよかった。
この街の奴らを見てたらそう思うよ
266:違和感
しいな「なんだろ・・・この街の違和感は・・・
リーガル「多くのものが存在しているが、ここには生活感がない。
それが原因だろう
しいな「そうか・・・生きてるけど、死んでるのと同じなんだ。
何も考えてないんだ・・・
リーガル「そのようだ・・・
しいな「クルシスはやっぱり間違ってるよ
267:ジーニアスの動揺
ロイド「ウィルガイアってすごいところだったな
ジーニアス「・・・う、うん・・・
ロイド「おまえ。さっきから元気がねぇな
大丈夫。コレットなら
アルテスタさんが助けてくれるって
ジーニアス「・・・そ、そうだね。そうだよね
コレット・・・早く元気になるといいね
ゼロス「・・・コレットちゃんのことを
気にしていた訳じゃないみたいだな
ロイド「・・・だな
268:無重力の楽しみ方
ロイド「この『むじゅうりょく』ってやつはどうも苦手だよ
ゼロス「慣れちまえば結構楽しいぜー。
女の子を誘ってここに来てみろって
あんなことやそんなこと・・・
普段できないことまでいろいろ楽しめるってーもんだぜ
ロイド「なんだ? 鬼ごっこでもやるのか?
ゼロス「はぁー。つくづく夢のない男だねぇ。お前さんは
269:空っぽの世界
リーガル「大丈夫か、プレセア? 顔色が悪いようだが
プレセア「なんだか頭が痛いです。それに・・・
リーガル「それに?
プレセア「ここは嫌いです。
静かで、なにもない空っぽの世界
まるで、死の世界のよう。
・・・早く、地上に帰りたいです
リーガル「私もだ。みんなで帰ろう。私たちの世界へ
プレセア「はい・・・
270:もうすぐ出口
ロイド「もうだいぶ降りて来たんじゃないか?
プレセア「そうですね、あの嫌な感じはもうしません
リフィル「問題は、クルシスがこのまま
私たちを帰してくれるかどうかね
むしろ、今まで彼らの邪魔が
入らなかったことこそ不気味だわ
プレセア「もう少しです。慎重に行きましょう
271:心ざわめく宇宙
コレット「ここってどのくらいの高さなのかな?
ロイド「なんてったって、救いの塔の中なんだからな
コレット「雲よりも高いの?
ロイド「周りに星が見えるんだ、雲より高いに決まってるさ
コレット「そうだよね
不思議・・・いつもは星を見ると安心できるのに
今は、なんだか怖い・・・
ロイド「大丈夫だ。おまえは俺が守るから。
クルシスなんかに渡さないから
コレット「うん、ロイドがいてくれるから、怖くない
ロイド「早く地上に戻って、おまえの病気を治してもらおうな
コレット「うん
272:心頭を滅却すれば火もまた涼し
ロイド「ひー、さぶっ
ジーニアス「だらしないな、ロイド
ロイド「んなこといったて、寒いもんは寒いんだよ
ジーニアス「気持ちの問題だよ
ロイド「つーか、お前その格好
半そで短パンで寒くないの?
ジーニアス「えっ! そういわれると
・・・だんだん寒くなってきた
ロイド「なるほど、気持ちの問題ねぇ
273:ノイシュの危機
ロイド「ノイシュって、由緒正しい動物だったんだな
リフィル「プロトゾーン。
この大地で初めて生まれた生物・・・
伝説の大樹カーラーンと大地との力が
あわさって生まれたもの・・・
ロイド「・・・そろそろ来るぞ、ノイシュ
ノイシュ「キュゥーーーン
リフィル「素晴らしい生命の神秘・・・
解剖したい!
ロイド「そら来た、逃げろ!
ノイシュ「キュゥーーーーーーンッ!
274:ルイン復興3
コレット「パルマコスタは崩壊してしまったけど
みんな無事で良かったね
ロイド「ルインのみんなもパルマコスタの人たちを
受け入れてくれたしな
リフィル「共に街を失ったもの同士・・・。
・・・痛みがわかるのね
ロイド「ルインの街もこれから忙しくなるだろうな
コレット「私たちも手伝ってあげようね
ロイド「ああ
275:ルイン復興4
ロイド「へへへ
リフィル「ふふ。どうしたの? ロイド?
ロイド「そういう先生こそ、何かうれしそうじゃん
リフィル「この街に来ると何故かうれしい気持ちになるのよ
ロイド「俺もさ! おれ、この街好きだよ。
みんな頑張っててさ
しいな「あたしも好きさ! ここはもう
シルヴァラントでのあたしの故郷みたいなもんだよ
リフィル「ふふ。私も好きになってきたのでしょうね
276:ルイン復興完了!
ロイド「ルインもすっかり元通りだな
しいな「ホントよかったよ
リフィル「人間は本当にすごい力を持っているわ
どれだけ打ちのめされても
心さえくじけなければ立ち直ることができる
しいな「くじけそうになっても助け合ったんだね。
この街のヤツらは
ロイド「ああ! この街はこれからももっと大きくなるさ!
みんなの気持ちがひとつだからな
リフィル「そうね
277:よみがえるルイン
ゼロス「ホント、この街の連中はやる気満々だな〜
リーガル「一度崩壊してしまった街をこれほどに蘇らせる・・・。
たいしたエネルギーだ
プレセア「助け合えれば滅びた街でも再び蘇るのですね・・・
ロイド「ゼロス、お前あんまり感心なさそうだなぁ
ゼロス「ん〜? まぁ、この街の襲われたときの
いきさつとか聞いたけどよ〜
いまいちピンと来てねぇからな
ロイド「まぁ、そうかもな・・・
プレセア「でも、すごいのはわかります。ホントです
リーガル「その通りだ。それにこの街の活気は
なにか力を与えられているようで好きになってきている
ゼロス「そーそー
278:ルイン復興を世界に!
ロイド「すごいよ。立派になったよな。ルイン
コレット「うん。みんな頑張ったもんね
リフィル「世界の救済なんて、そこに生きる人々にとっては
本当はどうでもいいことなのかもしれないわね
コレット「自分たちの毎日を一生懸命生きれば
ちゃんと結果が出るんですね
ロイド「もっと世界の人達が頑張れるように
オレたちは世界を元の姿にもどさないとな
コレット「うん。毎日を生きるみんなのためにも!
ロイド「ああ!
279:ロイドの銅像
ロイド「なんか照れくさいなぁ
ジーニアス「いいじゃん。みんな何か形に残したかったんだよ。
感謝の気持ちを
ロイド「俺、ほとんど何もしてないのに
ジーニアス「ホントだね
ロイド「納得するなよ・・・
ジーニアス「あははは
280:しいなの銅像
しいな「あんな像つくらなくてもいいのに・・・
ゼロス「あんまり嬉しくないのか?
俺さまだったらもっと喜ぶけどなぁ・・・
あ、わかった!
像の方がプロポーションがいいからだ!
しいな「殴るよ!
ゼロス「図星指されたからって、怒るなよ、しいな〜。
いてー! 痛いって!!
しいな「この、アホ神子!
281:リフィルの銅像
リフィル「像なんて作られてしまって・・・困るわ・・・
コレット「どうしてですか?
リフィル「像や文献に残ると言うことは、それだけで
もう歴史として残されてしまうと言うことよ
歴史は私が調べるものであって
私は調べられるものではないのに
コレット「・・・照れているんですね。先生
リフィル「・・・今の話でどうしてそうなるのかしら?
コレット「だって先生、顔赤いもん
リフィル「あら・・・
282:ジーニアスの胸騒ぎ
ジーニアス「何だか・・・胸がざわざわする
ロイド「どうしたんだ?
ジーニアス「うん。不安・・・かな?
どうしてだろう。みんながいるのに
プレセア「根拠のない不安はき憂・・・です。
頑張りましょう。ジーニアス
しいな「・・・でもね。ゼロスのことがあったあとだし
・・・気になっちまうね
ロイド「大丈夫さ。いざとなったら
みんなで力を合わせればいい
ジーニアス「そうだね。そうだよね
283:死守すべき力
リフィル「相談があるのだけれど
リーガル「・・・私にか
リフィル「あなたが一番冷静そうだからよ
・・・この先は危険だわ
命の優先順位を決めておかなくては
リーガル「なるほど。ロイドが怒り出しそうな話だな
リフィル「ロイドは・・・死守しなければ。
最終決戦で未知の力を持つミトスと対峙するには・・・
リーガル「ロイドの・・・特別だというエクスフィアか
リフィル「ええ。それがどんな力なのか分からないけれど
勝算のある方へかけるべきだわ
リーガル「・・・承知した。ロイドを守ろう。我々の手で
284:マーテルの記憶
コレット「マーテルさんって・・・すごい人だったんだ
リフィル「どうしたの、突然
コレット「私の中にあの人の意識が入ってきたとき
あの人の心が私にも見えたんです
沢山の人に傷つけられて、裏切られて
胸の中は哀しみでいっぱいだった
リフィル「・・・そう。マーテルもハーフエルフだったものね
コレット「それなのに、あの人がこの世界を愛していたことも
痛いほど伝わってきました
ミトスのように、世界を恨んでも
仕方がないと思うのに・・・
リフィル「どこからそんな気持ちが生まれてくるのかしらね
コレット「はい・・・。あの人なら・・・世界を救うために
自分の身を犠牲にするかも知れない
リフィル「神子の儀式は・・・
マーテルの器を探すための儀式でもあった
・・・マーテルの生き方を
なぞらえているのかも知れないわね
285:急がないと!
ロイド「こんなことしている間にコレットは・・・。急がないと!
286:この旅が終わったら・・・
しいな「・・・・・・
ゼロス「おーい、しいな。
なーにこんな所で黄昏れてんのよ?
しいな「あっち行きな。あんたがいると
おちおち考えごともできやしない
ゼロス「この旅が終わった後のことを考えてんのか?
しいな「なっ!
ゼロス「やっぱ、な
しいな「う、うるさいねぇ!
ゼロス「で、どうすんのよ、お前は
しいな「あたしは・・・あたしたち、ミズホの民は
テセアラにはいられなくなるだろうね
ゼロス「国王の命令に逆らっちまったからな
しいな「もともとミズホの民は根なし草だっていうし
どこか住みやすい土地に行って、静かに暮らすさ
ゼロス「・・・行くこたねーよ
しいな「え?
ゼロス「おまえたちの居場所ぐらい、俺がなんとかしてやる。
俺にだって、そのくらいのことはできるだろ
しいな「ゼロス・・・
ゼロス「へっ、あの熱血バカの病気が移っちまった。
やだやだ
しいな「信じて・・・いいの?
ゼロス「お!? おぅ
泥船に乗ったつもりで
ど〜んとまかせとけ
そのかわり、これからも神子ゼロスさまのために
忠義を尽くせよ。はっはっは
しいな「バカ・・・
287:ミトスの輝石
ジーニアス「ミトス・・・
ロイド「おーい、ジーニアス
ジーニアス「ロ、ロイド!
ロイド「ん? 何を隠してるんだ?
ジーニアス「ん!? こ、これは・・・
お腹が空いちゃってさ。ちょっと食べるものを
ロイド「・・・・・・
ジーニアス「み、みんなには黙っててね
ロイド「ジーニアス・・・
ジーニアス「ん! なに?
ロイド「安心したよ
お前が落ち込んでいるみたいだから
みんなが心配してたんだぜ
ジーニアス「あ・・・ご、ごめん
ロイド「じゃ、それ食ったらすぐもどるんだぞ
ジーニアス「ごめんね、ロイド・・・
288:誇り高きエルフたち
ロイド「なあ、どうしてエルフはハーフエルフを嫌ってるんだ?
リフィル「村に厄災をもたらしたから・・・といわれているわね
もっとも私がヘイムダールにいた頃から
小さな差別はあったけれど
ゼロス「人間と同じじゃねぇの?
ジーニアス「人間と同じ?
ゼロス「自分と違うものは気味が悪いって理屈さ
ましてエルフってのは
ほこりばっかり高い生き物だからな
ロイド「俺たち人間も変わらなくちゃいけないけど
エルフも・・・変わらないといけないな
ジーニアス「そうだね。ヘイムダールでは
ロイドたち人間まで白い目で見られてるものね
そういうの・・・よくないよ
リフィル「・・・頑固なエルフたちが
いつか分かってくれればいいのだけれど
289:ボクたちの使命
ジーニアス「ロイドって・・・すごいよね
ロイド「な、なんだよいきなり
ジーニアス「だって、エルフの長者を説得して、ボクと姉さんが
ヘイムダールに入れるようにしてくれたじゃない
ロイド「ただ入っただけじゃないか。
エルフたちがお前たちを受け入れたわけじゃない
ジーニアス「ボクたちにはそれで十分だよ
ここから先は、たぶんボクたちでやらなきゃならないんだ
ロイド「・・・そうだな
290:父への思い
コレット「もうすぐ、クラトスさんと戦うんだね
ロイド「ああ・・・
なあコレット、俺、強くなったかな?
コレット「ロイドは強いよ!
ロイド「・・・クラトスよりも?
コレット「そ、それは・・・
ロイド「あいつとは、今までに何度か戦ったけど
あいつは本気じゃなかった
今度あいつが手を抜いたら、俺はあいつを許さない
コレット「ロイド・・・
ロイド「本気で戦って
アイツに勝たなきゃいけないんだ
コレット「それは、お父さまに
自分を認めてもらいたいってこと?
ロイド「なっ!
コレット「ロイドの気持ち、きっとクラトスさんに通じるよ。
だいじょぶ、だいじょぶだよ!
291:ジーニアスがいる限り
プレセア「エルフは長命なんですよね
ジーニアス「うん。そうみたいだね。
ざっと千年ぐらい生きるって
しいな「気が遠くなるねぇ・・・
ジーニアス「・・・うん。そうだね。
ボクも・・・多分それぐらい生きるんだろうな
プレセア「ハーフエルフも・・・
寿命が長いんですね・・・
しいな「じゃああたしたちが死んでも・・・
あんたは・・・生き続けなくちゃいけないんだね
ジーニアス「・・・うん
リーガル「我々も生きるだろう
プレセア「私たちの個体寿命はせいぜい八十年です
リーガル「そうではない。ジーニアスや
リフィルが死なない限り、我々も心の中で生き続ける
ジーニアス「うん。ボク・・・みんなを忘れないよ
292:コレットを探して
ロイド「くそ、ミトスの奴! よくもコレットを・・・
リフィル「落ち着きなさい、ロイド
とにかくエターナルソードを
使いこなせるようにならなければ
コレットを助け出すことなんて
到底できないのよ
ロイド「分かってる。・・・待ってろよコレット。
必ずおまえを取りもどしてみせるから!
293:ジーニアスを探して
ロイド「ジーニアスが連れて行かれちまうなんて・・・
コレット「ロイド。頑張ってジーニアスを助けよう
ジーニアスはしっかりしてるし、ミトスだって
ジーニアスを傷つけたりしないよ、きっと
ロイド「・・・ああ。そう信じたいよ
あいつとは・・・一緒に旅をする約束もしたんだ。
必ず助けてやる。必ず・・・!
294:リフィルをさがして
ロイド「先生・・・くそ!
先生を守れなかったなんて・・・
ジーニアス「姉さん・・・大丈夫かな
ロイド「ミトスのことだ。同じハーフエルフの先生を
傷つけたりはしないと思う
ジーニアス「そうだよね、ミトスはそんなことしないよね
ロイド「だから俺たちは一刻も早く
エターナルソードを手に入れよう
ここで冷静にならないと、先生に笑われちまう
ジーニアス「うん、そうだね
295:しいなを探して
ロイド「くそ、しいなを取り戻さないと!
ゼロス「そうだな、ここでビシッと決めないと
せっかくしいなを助け出しても
あいつに捨てられちまうぜ
ロイド「ああ。しいなを連れて行かれただけで
十分だらしないことになっちまってるんだ
これ以上
みっともないところをさらしてたまるか
ゼロス「そういうこと。
さあ、早いトコ、あいつを助けてやろうぜ
296:ゼロスを探して
ロイド「・・・ゼロス・・・俺の身代わりに・・・
しいな「あのバカらしいやり方だよ。
あれであんたのこと気に入ってるんだからさ
ロイド「ゼロスは俺の信頼に応えてくれた。
だから俺も、あいつの信頼に応える
必ずゼロスを助けてみせる!
297:プレセアを探して
ロイド「プレセアが・・・
ちくしょう、一人にしないでくれって
いわれたのに・・・
リーガル「ロイド。悔やんでいる時間はないぞ。
分かるな
時間が経てば経つほど、ミトスはプレセアと共に
遠くへ去ってしまうのだ
ロイド「・・・分かってる。プレセアはずっと孤独に怯えてたんだ
これ以上、あの子を独りぼっちにはできない
リーガル「その通りだ
298:リーガルを探して
ロイド「リーガルの奴・・・俺を助けようとして・・・
プレセア「リーガルさんは、ロイドさんに
救われたことを感謝していました
だから、ロイドさんを守ろうとしたんです
ロイド「・・・俺は何もしていない。リーガルこそ
俺が焦ったり苛ついたときに助けてくれた
リーガルと約束したんだ。
全てが終わっても、協力しあうって
・・・だから、必ずリーガルを助け出す!
プレセア「はい。ロイドさんがそういうなら・・・
私も、みんなも、ロイドさんを手伝います
299:まだ間に合う
ロイド「またコレットを、守りきれなかった・・・。
俺は・・・能なしだ・・・
クラトス「・・・おまえは諦めないのだろう?
彼女を取り返せばいい。まだ間に合う。
エターナルソードさえ装備できればな
ロイド「・・・コレットは無事だろうか
クラトス「ミトスは自ら動くための体として
神子を連れていっただけだ。殺しはしない
ロイド「・・・そうだな。落ち込んでいるだけじゃ・・・
コレットは取りもどせないもんな
クラトス「そういうことだ
マジェスティックファンタジアン © Azekura